銀行からお金をかりる

様々な目的に合わせて活用する

管理に厳しくなる


kansou

銀行でお金を借りる事による効果として挙げられる1つ目の点は、お金の管理に厳しくなれることです。銀行からお金を借りている場合、長期間に渡って返済し続けます。住宅ローンの場合は、20年、30年に渡って返し続ける人も多数います。そのため、お金の管理を厳しく行う必要がでてきます。もし、銀行への返済が滞ることになると、返済不履行として、銀行から厳しくチェックが入ります。また、将来銀行からお金を借りる必要があった場合に、借りることが出来なくなる恐れがあります。その結果、手持ちの現金に余裕を持たせようという思いが自然と生まれます。具体的にはこれまで、無駄遣いが多かったのが少なくなる、不要不急のものは買わない、新品購入ではなくリサイクルショップなどで中古品を買う、購入せず知人友人から借りて済ます、など支出を抑える工夫を行うことを常に考えるようになります。次に銀行でお金を借りる事による効果としては、経済に関心を持てることです。特に住宅ローンで変動金利でお金を借りている場合だと、経済状況に応じて金利が変動します。金利が変動するということは、総返済額が変わることを意味します。この場合、返済額への影響が非常に大きいため、経済情勢に対する感覚が敏感になり、結果として経済に関心をもてることとなります。最後に、銀行でお金を借りる事による効果としては、そもそもお金を借りる状況を生んだのはどうしてか、ということを考えるきっかけになります。大抵の場合、預貯金に余裕がなかった、というのが行き着く結論です。それを受け、今後同じ状況にならないよう、余裕のあるお金は預金に回し、何かの時のための資金にするという習慣を生み出すこととなります。